虫歯予防

むし歯のできかた

むし歯になるとショックを受ける方がほとんどだと思います。 しかし、なぜ「むし歯」になってしまうのでしょうか?こちらではむし歯の原因についてご紹介します。

1

硬い歯を溶かすのはプラーク(歯垢)です。
正確にはプラークの中にいるたくさんのむし歯菌(ミュータンス菌)です。

2

プラークが歯の表面にくっつくと、プラークの中にいるむし歯菌は食べ物に入っている糖質をエサにして酸をつくります。

3

この酸が歯を溶かします。
これがむし歯です。
歯医者さんで齲蝕(うしょく)といいます。


むし歯ができるには、ジグソーパズルのように糖分・歯・時間・細菌の4つのピースが必要です。 ということは、その中のどれか一つが欠けてしまえばむし歯はできないことになります。


4つの要素がくっつくとむし歯になります。

4つの要素がくっつくとむし歯になります。

1つでも欠けていたら、むし歯はできません。

1つでも欠けていたら、むし歯はできません。

ここで少し注意。むし歯菌を全部退治してしまえばいいんじゃないの?と思ってしまいますが、私たちの体の中にはたくさんの細菌が住み着いていて、残念ながらそれはできません。
むし歯予防は、この4つの要素を上手にコントロールすることがポイントです。
まずは、毎日歯をしっかり磨くことからはじめましょう。

むし歯の予防と原因

むし歯予防の中でも、フッ化物洗口(フッ素でぶくぶくとうがいすること)は予防効果が大きい方法です。

むし歯の原因
むし歯予防

山県市では、平成16年より市内全てび保育園、幼稚園、小学校、中学校において「フッ化物洗口」を行っています。その効果により県下で最もむし歯の少ない地域となりました。

私たちは、フッ化物洗口事業を応援し、推進を図っています。

>>山県市フッ化物洗口事業はこちら

>>社)山県歯科医師会の取り組みはこちら

DMFT指数について
DMFT指数の推移

フッ素でうがいがむし歯を予防 “ フッ化物洗口 ”

フッ化物洗口のはたらきは?

フッ化物洗口のはたらきは?

  • 歯の質を強くする(酸に溶けにくい歯になる)
  • むし歯になりかけた歯の表面をもとに戻す(再石灰化)
  • むし歯菌の活動を抑制する(プラークの生成を抑える)


とくに、むし歯菌が活動するのは夜寝ているとき。 フッ素はアルカリ性なので、寝ているときにむし歯菌が酸を出して口の中が酸性になっても、フッ素が中和し、口の中があまり酸性にならず歯を守ってくれます。

フッ化物洗口の効果は?

フッ素洗口は、全国3923の保育園、幼稚園、小中学校で実施されています。

フッ素洗口を続けると、50~60%むし歯を予防できるといわれています。

フッ素洗口による予防効果


ご家庭でフッ化物洗口しましょう

フッ素洗口は、全国3923の保育園、幼稚園、小中学校で実施されています。

30秒~1分間

洗口液を口にふくんでぶくぶくうがいをします。

うがいをしたら翌朝まで飲食をひかえましょう。

フッ素洗口は、一日一回、寝る前の歯みがき後に行うのが効果的です。
4歳以上のすべての方(ぶくぶくうがいの出来る方)がご利用できます。

このような方に特におすすめします

  • ハブラシを嫌がり、なかなか充分にできないお子様に。
  • 忙しくてお子様に仕上げ磨きを充分に行えない方に。
  • 歯並びが悪く、磨き残しができやすい方に。
  • 甘いものの管理ができない方に。

だ液が歯を守っています

だ液には、酸を中和する働きや、酸によって溶かされたミネラル成分を元に戻す働きがあります。
この働きを、フッ素の色々な効果のうち、ミネラルを取り込んで再結晶化する作用(再石灰化)の速度を高め、さらにミネラルが溶け出すのを防止したりする作用があります。
この働きが、溶かされる成分量に追いつかないと、むし歯になってしまうのです。

脱灰・再石灰化の繰り返し